スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウボァー

今日はこのブログのタイトルの「活きる」という意味を
説明する所から入ろうかと思います。

遅いですね。えぇ。遅いです。

いきなりですが私は富永 愛氏が好きです。

好きと言っても顔が好みとか声がいいとかそういうことではありません。
この方の生き方が好きなんです。

コラテラルという映画を見たことがあるでしょうか?
あれのトム・クルーズを地で行く女性・・それが富永 愛氏だと私は思います。

私が彼女の生き様のどこが好きなのかと言うと
「自分のやることに対して、まるで迷いがない」という点なんです。

私は石橋を叩いて渡るタイプの人間なので何かを始める時、
何かを決断する時、必ず足踏みをしてしまいます。つまり大きな目で見て、
時間をロスし、時間をかけるうちにやる気を消してしまうことになるんです。
それが間接的に失敗につながることも多々あります。大きな事になるほど問題ですよね。

それが非常に嫌なんですが、
嫌なら直せばいいって簡単にいかないのが実にもどかしい。

それが彼女には無い。多分生まれつきそういう精神の持ち主なんでしょう。
きっと自分の目標の最短距離を真っ直ぐに進んでいける精神力を持っていると思うんです。

そういう人間が持っているエネルギー・・それは
ただ毎日を生きているだけの人と比べて【活きている】と感じませんか?
コラテラルという映画はそういう事を言いたいんじゃないだろうかと思うんです。

私はそういうエネルギーに満たされながら毎日を過ごしたい・・
そうしたらきっと大変ながらも充実した人生を送れるんじゃなかろうか?そう思ってこのタイトルを考えました。

ちょっと臭い話になりましたがこれが理由です。
と、いうことでこれからもこのブログを宜しくお願いします(ペコリ

今の話とは全く無関係ですが今日は乾杯という行為についてです。




今回の「コレはどういう事やねん」は

≪なぜ乾杯の時にグラスをぶつけるのか≫です。

これは調べるというより私自身が知っているうんちくです。
何でこのお題を持ち出してきたのかは後でお教えします。

実はこれは中世のヨーロッパで一時期、毒殺が流行った事があったらしく
その時、騎士たちがお互いの飲み物に毒が入っていない事を証明するために
杯をぶつけ、中身を混ぜて飲みあった習慣が残ったため。という事なんです。

ここで注意点を一つ、多分その時代のジョッキは金属、もしくは陶器で作ってあったと思われます。
そうでないとお互いの飲み物が混ざるくらいの勢いでジョッキをぶつけたら、割れて水浸しです(笑

という訳で、これは別に現代の我々は無理にやる必要が無いだろうと思うわけです。
友人が信用できないなら別ですが(笑

うちのお店でワイングラスをぶつけあい、危険な音を響かせている方がいますが
私も含めお店の方が非常に迷惑なので、安くて丈夫なグラスを手にしたとき以外は
無理な乾杯はやめましょう。会釈で充分伝わります。

私は最近一人で飲むことが多くて乾杯すらしていませんけども。

スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オビ

Author:オビ
性別:♂

趣味:ジョギング,ダーツ,昔はビリヤード 

好きな映画:スターウォーズ
ショーシャンクの空に
レザボアドッグス
ユージュアルサスペクツ

好きなゲーム:ドラクエ
くにおくん,マッピー
スーパーチャイニーズ
スペランカー
迷宮組曲,ワギャンランド
バルーンファイト等FCなら何でもw

嫌いなゲーム:「やらされてる感」があるもの
FFは7以降は嫌いです

カウンター
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
BBS
ギャラリー
ホームページ制作 WEBコンサルティング
権利表記
COPYRIGHT (C) ATLUS / (C) CAVE 当サイトに掲載されている画像及び文章等の著作権は株式会社ケイブ及び株式会社アトラスに帰属します。無許可転載・転用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。