スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグニチュード

東北地方太平洋沖地震。

震源地から遠く離れた我が家でもひどい揺れだった。

現地の人達はどんなに怖かっただろうか。絶対こんなもんじゃなかっただろう。

もう15年も前の話になる。

当時、中学生だった私は阪神淡路大震災のボランティア活動に参加した。
ポリタンクに汲まれた水を何十とトラックに載せ、一般家庭に配り歩く。それを一日何往復も繰り返す。
学校を休んで一週間行った。

まだ1月だった。
凍える寒さの中、崩れ落ちた家屋の瓦礫を一つ拾い上げ、
「自分の住む街にこのレベルの地震が起きた場合、僕はどうすればいいのだろうか。」
と自問自答したのを憶えている。

そして3月11日。

私は何もできなかった。
怖がる妻と息子を落ち着かせ、玄関からとにかく家を出ることしかできなかった。
防災リュックの用意すらしていなかった。

結局、当時の私はボランティアという立場で震災に関わった訳だが、
揺れを体験していない。被災者では無い。
どこか「その他大勢」な気分でしかなかった。

そして15年経った今、それは何一つ変わらないままだった。
あの経験を活かせなかった自分が心底情けないと思う。
バカ丸出しだ。

15年前よりも今はインターネットが普及し、情報が入りやすくなっているせいで、
心無い人間の火事場泥棒的な犯罪や危機感の無いアホの不謹慎発言がすごく目に付く。

とても心が痛む。

3月13日0時現在、福島第一原発の事故で3人被爆者がでているというニュースが流れた。

とんでもない話だ。
まだ余震があるのに、原発にいる人達は無事なのだろうか?

バカ丸出しの私にも分かるのは、
今この瞬間にも現地で被災者達の為に活動している人達がいるという事と、
本当に色々な事が厳しくなっていくのはこれからだという事。

具体的に私に出来る事は緊急募金に現金を振り込む事くらいだけれど、
家族の身の安全は確保しつつ、
状況を静かに見守ろうかと思います。

落ち着いた頃にまたボランティアに行けるといいのですが。


頑張れ皆

頑張れ日本


スポンサーサイト

テーマ : 地震
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オビ

Author:オビ
性別:♂

趣味:ジョギング,ダーツ,昔はビリヤード 

好きな映画:スターウォーズ
ショーシャンクの空に
レザボアドッグス
ユージュアルサスペクツ

好きなゲーム:ドラクエ
くにおくん,マッピー
スーパーチャイニーズ
スペランカー
迷宮組曲,ワギャンランド
バルーンファイト等FCなら何でもw

嫌いなゲーム:「やらされてる感」があるもの
FFは7以降は嫌いです

カウンター
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
BBS
ギャラリー
ホームページ制作 WEBコンサルティング
権利表記
COPYRIGHT (C) ATLUS / (C) CAVE 当サイトに掲載されている画像及び文章等の著作権は株式会社ケイブ及び株式会社アトラスに帰属します。無許可転載・転用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。